Camerhizome

写真と文章

FUJIFILM ACROSのすごさ

Olympus XA1(セレン式EE)にFUJIFILMのモノクロフィルム、NEOPAN 100 ACROSを入れて撮影してみた。このACROS独特の魅力を実感した。

 

f:id:Prince17pf:20171222002916j:image

西武新宿駅のお気に入りの花屋。

 

以下は上野公園。

 

f:id:Prince17pf:20171222003003j:image

セレン式のフルオートは、オートだからといって決して簡単ではないということがわかった。明るいところだと白飛びが高頻度で生じるのである(それが良い効果を生むこともあるが)。その場合、撮影位置を考えるなどして光を調整したり、ISO感度の設定をあえて変えて撮影するなどの工夫が必要であるようだ。

 

f:id:Prince17pf:20171222003024j:image

 

f:id:Prince17pf:20171222003044j:image

この、木の表面の質感が好きだ。

 

f:id:Prince17pf:20171222003059j:image

葉がハート型になっている。

 

f:id:Prince17pf:20171222003126j:image

お気に入りのスナップショット。なにげなく撮った一枚が思いのほか良く撮れていると本当に嬉しい。

 

この一本で一気に富士フィルム、ACROSのファンになってしまった(こうなると、だんだんミラーレス一眼のACROSのフィルムシュミレーションが気になってくるのだ…)。

 

Camera

  • Olympus XA1 / FUJI NEOPAN 100 ACROS