Camerhizome

写真と文章

古いコンデジでモノクロ写真を楽しむ

iPhoneがあるなら古いコンデジは必要ないのでは?という考えも頭をよぎるのだが、iPhoneだとカッチリ写りすぎてしまうことがあって、もう少しのっぺりとした無機質な感じに写したいときに、古いコンパクトデジカメも結構使えるものだ。

f:id:Prince17pf:20180127225517j:image

CanonPowerShot A610という十数年前の古いタイプのコンデジなので、RAW撮影は非対応でJPEGのみ。しかし、それでかえって気軽に撮影を楽しめる。

f:id:Prince17pf:20180127211116j:image

モノクロエフェクトで撮りたい場合、単に彩度を落としただけのような安っぽい仕上がりになるので、後からBLACKというアプリで加工してみている。

参考→Neopan!TRI-X!フィルムを選ぶモノクロ加工アプリ「BLACK - B&W Film Emulator」

 

たとえば下の写真はFUJI NEOPAN ACROS風のエフェクトをかけてみた。

f:id:Prince17pf:20180127225534j:image

古いコンデジも使い方次第である。クオリティの低いところはアプリなどで補正をすれば、手軽にフォトジェニックな演出ができる。これぞ21世紀的な写真の楽しみ方ではないだろうか。

f:id:Prince17pf:20180127211025j:plain

Canon PowerShot A610